2018年07月05日

アルコール頭痛を防ぐにはどうすればいい?

alcohol8.jpg

アルコール頭痛を防ぐには一体どうすればいいのか?

友達同士での飲み会や合コンなどでお酒を飲む機会もあると思います。

少量飲む分には問題ないけど、ちょっと量を多く飲んでしまうとすぐに頭が痛くなる。

いわゆるアルコール頭痛なのですが、場合によっては気分が悪くなってしまい吐き気を模様すこともあると思います。

そうなれば、楽しく飲むことはできませんし、今すぐでにも家に帰って寝たいですよね。

アルコール頭痛の予防としては、許容量を超えて飲まないことです。

しかし、つい盛り上がって飲み過ぎるということはあるでしょう。

ですが、アルコール頭痛を引き起こさないためにもしっかりとセーブすることが大事です。

予防のためには、度数の低めのビールを飲むのもいいでしょう。

酎ハイを頼むと意外と度数が高いですので気をつけてください。

また、チェイサーとして水を用意してもらいお酒と交互に飲むといいと思います。

ずっとアルコールを飲み続けるよりも、水を取り入れた方が酔いにくいですし、脱水を防ぐことができます。

実は、お酒を飲んでいるとトレイの回数が増えますが、多くの水分が排出されるので知らない間に脱水になりやすいんですね。

それを防ぐためにもチェイサーに水を取ることが大事です。

それとどうしても飲み過ぎてしまう人は、2次回以降はウーロン茶やノンアルコール飲料を飲んで我慢するのもいいと思います。

アルコールの摂取量が減れば頭痛も防ぐことができるはずですからね。

お酒は飲み方次第で楽しくもなれば、逆に頭痛や吐き気など辛い思いをすることにもなります。

ですので、お酒が弱い人は、自分の体と相談しながら飲む量を決めるようにしましょう。

ちなみに・・・

下戸の人が飲む2時間前にある事をしたら酒豪になり、頭痛も二日酔いもしなくなったというのですが・・・・。

そんな方法をこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

⇒下戸を克服した方法とは?







posted by よったん21号 at 15:33| Comment(0) | アルコール頭痛・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日酔いの頭痛はツボ刺激で対策しよう!

アルコールの飲み過ぎで二日酔いで頭痛に苦しんだ時にはどう対処すればいいのか?

いくつか方法はありますが、今回はツボ刺激に注目してみました。

二日酔い頭痛に効くツボには・・・

天柱(てんちゅう)

完骨(かんこつ)

これらがあります。

二日酔いで頭痛がする時は、天柱や完骨を刺激してみてください。


ツボの位置ですが、以下の動画を参考してみるといいです。


天柱(てんちゅう)

天柱は万能なツボで肩こりや自律神経失調症などにも効果的と言われています。


完骨(かんこつ)

完骨は、めまいにも効くツボとなっています。


◆ツボ刺激の注意点

ツボを刺激する際の注意点としては、力加減が大事です。

あまりにも力を入れすぎるはダメなので、自分で気持ちが良いと感じるくらいの力で刺激していくようにしましょう。

首周辺のツボは、血流改善にも効果的なので二日酔い頭痛だけでなく、疲労回復などの効果も期待できますので、疲れを取るためにも日頃から刺激してみてください。









関連サイト アルコール頭痛の原因と対策!
posted by よったん21号 at 15:32| Comment(0) | アルコール頭痛・対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。